膣を酸性にして女の子を授かる♪

<<女の子を産み分ける>



< 酸性に弱い特徴を利用する >

X染色体の精子の特徴は、酸性に強く、Y染色体の精子より寿命が長く、
数が半分しかなく、泳ぐ速度がゆっくりです。

Y染色体の精子は、酸性に弱く、X染色体の精子より寿命が短く
数が多く、泳ぐ速度が早いという特性があります。

※ ポイント
女性の膣が酸性に傾くと女の子の産み分けが「可能」と言う事です。


精子は酸性に弱いため膣の奥まで届かないと死滅します。
※ 赤ちゃんが男の子か女の子に決まるのは、性染色体によって決定されます


精子はもともとアルカリ性ですが膣内は酸性に保たれています
(しかし、卵子が卵巣から飛び出す排卵直前は、最も妊娠しやすい環境で、子宮の入り口の粘液が増えて粘調となり精子が通過しやすくなりますが、その粘液はアルカリ性で膣内がアルカリ性になります。)


ただ・・・酸性に持っていくと行っても 母体に安全な方法が必要です

酸アルカリ法と言われるものが主流です。

これは、あくまでも自然妊娠の延長線上に立ち、科学的根拠に基づき、工夫を加えたもので、約80%の成功率を得ています。
 

市販のもので「産み分けゼリー」がありますので
ご紹介します。



医学的に実証認証されている製品(類似品があるそうですのでご注意)
だそうですので 理論にかなっていると思います。


後は 「到達度」


体位によって到達度を変えられますので 工夫してみてください♪



気になる妊娠線・・・ 早めにケアするなら
【NOCOR(ノコア)】クリーム



TOPページ   妊婦の糖質制限   妊娠糖尿病