鉄タンパクの不足のこわさ

<ADHD、LD(学習障害)

私が、小学校でパソコンの講師をしていたときに先生がADHD自動の行動で
大変苦労なさっていたこと を覚えています。

専用の補助の方がついて「席に座るだけ」だけに
注意を払っているのですが・・・ じっとしていません。

昨今、「落ち着かない子供」が増えているのは・・・何故でしょうか?

あるSNSで書かれていた鉄タンパク不足」の記事を引用します。

私は医療関係者ではないので「確証」は出来ませんが
問題は大きいと思います。 お気を付けください。

以下: 内容を引用
---------------------------------------------------
<藤川心療内科クリニック 藤川 院長先生> 

15-50歳の女性の80%は鉄不足があるそうです。
先生が仰るのには、母親が鉄タンパク不足なら
その子供は多動児であることが多いということ。




実際、来院時に医院内ではねたりじっとしておらず
ADHD、LD(学習障害)の症状があるとのこと。

この子が、小学校に入ればじっと座って授業を受ける
ことができないだろうな、と推測されています。

そういう子の母親の検査データは、
 フェリチン<30、
 尿素窒素(BUN)<10、
 中性脂肪(TG)>150、


・・・ と
見事に鉄タンパク不足+糖質過多だそうです。

こういうお子さんは、
鉄タンパクの不足した母乳を飲んで
成長し、その後も母親と同じものを食べているので、
鉄タンパク不足+糖質過多で、栄養失調になってくと思われます。


ビタミンB群、亜鉛、マグネシウム
も不足していると思われます。

「必要なのは、診断治療ではなく、食を正すことです。」
だそうです。



まず心の健康、体の健康だと思います。
大変でも「母親の仕事は母胎を健全に」保つこと、 授乳も
栄養を考えて食事をとること・・・



私の経験ですが小さなころに培った習慣は親も後が楽です。
入学前に社会になじむように生活態度を作ってあげれば
お子様にも喜ばしく、学校生活になじめなければ
「不登校」「規律違反」「疎外感」と 社会生活が損なわれると思います。



----------------------------------------------------

引用 :以上此処まで

いかがでしたか? ADHD情緒不安に 「栄養の不安定」が
含まれる話。
食事が不規則や代替で充分な栄養が補えない 又は食事していても
不適切な状態で「調理」「飲食」している・・・

仕事で忙しし毎日でも 「私たちは食べたもの」で動いています。
燃費が悪い、不活性ななものでは身体が汚れます。

充分にデトックスできない「お子様」の汚染・・・ 
親が気をつけないと誰が守れるでしょうか?

私は「共稼ぎで」ほぼフルタイムで暮らしてきましたが
できるだけ「自然な手作り」努力してきました。

週末に安い食材を買い集めてはまとめて「手作りストック」
お弁当や、2品目のおかずに使いまわしていました。

ちょっと大変ですが 「寝込む」より「看病する」より安心・安全
お母さんの愛情料理で 予防しましょう♪












TOPページ   妊婦の糖質制限   妊娠糖尿病